永久的に効果のあるヒゲ脱毛の施術方法

MENU

多種多様にあるヒゲ脱毛

 

永久的効果が期待できるヒゲ脱毛には、大きく分けて3種類の脱毛方法があります。エステサロンなどでおこなわれている種類としては、ニードル脱毛とフラッシュ脱毛です。

 

ニードル脱毛は、針に微弱な電流などを流しそれを毛穴に差し込んで毛根部に破壊する施術方法です。ニードル脱毛は、アメリカのFADの審査機関で永久的な脱毛効果が認められています。

 

フラッシュ脱毛というのは、出力の低いレーザーの光を使います。その光がメラニンに作用し毛の再生力を弱まることで脱毛する方法です。

 

これ以外にも医療機関でおこなわれる医療レーザー脱毛があります。この医療レーザー脱毛では、フラッシュ脱毛と同様にメラニンに作用し脱毛する方法です。ただし、主ツル用がフラッシュ脱毛より高いレーザーを使うのが特徴です。また、この脱毛方法は、医師などの専門家による施術でしか受けることができません。

 

これらの方法は、続けることで永久的にヒゲ脱毛の効果が期待できます。

それぞれのヒゲ脱毛施術のメリット

ニードル脱毛・フラッシュ脱毛・医療レーザー脱毛の3種類には、それぞれメリットとデメリットがあります。
まずそれぞれのメリットについて紹介しましょう。

 

ニードル脱毛では、1本1本のヒゲに施術を施すのでヒゲをデザインしやすいのが特長です。また、1本1本丁寧に施術することで、1度施術した毛穴からの毛再生を防ぎます。永久的なヒゲ脱毛が可能だといえるでしょう。

 

一般的にヒゲ脱毛は、痛みを伴うといわれています。でも、フラッシュ脱毛に関しては、それほど痛みを感じないのが特長です。広範囲への施術が可能で、施術時間が短時間で済むのも魅力です。

 

医療レーザー脱毛は、医師などの専門家が施術をおこなってくれるので安心できます。万一の時にも医療機関での対処が迅速にしてもらえるので便利です。通院回数も少なくて済むから、短期間で施術を済ませたい人におすすめの施術です。この脱毛では、通常なら5〜6回程度、早い人なら3回程度で効果を実感することができます。

それぞれのヒゲ脱毛施術のデメリット

ニードル脱毛は、1本1本の毛を丁寧に施術するので、他の施術方法に比べると施術時間がかかります。施術してもらう技術士の力量に左右されるのもニードル脱毛の特徴です。3つの施術に比べると、少し痛みが強いといえるでしょう。

 

フラッシュ脱毛に関しては、未だ男性専門で施術を受けられるところが少ないといえます。脱毛効果としては、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛ほどの永久脱毛作用が得にくいです。

 

医療レーザー脱毛で不便な点は、気軽にエステサロンなどで受けられるニードル脱毛やフラッシュ脱毛に比べ医療機関でしか施術を受けられないことです。また、フラッシュ脱毛に比べると、照射レーザーが高出力のため痛みを伴うといえます。医療機関の健康保険適用外診療となるため、料金的に高額になることがあります。

 

ニードル脱毛・フラッシュ脱毛・医療レーザー脱毛には、それぞれメリット・デメリットがあります。それぞれの特徴を考慮し、自分にあった脱毛方法を選ぶことが大切です。

 

髭脱毛するなら