レーザーで行うヒゲ脱毛について

MENU

ヒゲ脱毛はレーザーでするのが最も確実

レーザーでヒゲ脱毛を行なうのにかかる期間

 

最近はエステサロンでもヒゲ脱毛を取り扱っていますが、確実に処理するなら医療レーザーに勝るものはありません。

 

サロンはレーザーによる処理はできず、広範囲を照射できる光を使用しています。この光はフラッシュやIPLなどの呼び名もありますが、基本的にどれも同じものです。脱毛マシンは処理範囲が広くなるほど痛みは弱いですが、脱毛効果も弱くなってしまいます。効果が弱くなれば、必然的に脱毛期間も延びてしまいます。

 

短期間で終えるためには、やはりレーザーによるヒゲ脱毛が最適でしょう。医師や看護師が施術をするので技術・安全性ともに高く、トラブルが起こる可能性は低いです。

 

出力は光よりも数倍強くなりますが、アフターが徹底しているので安全性は高いのです。

 

また事前に肌診断をして、その人にとって耐えられる出力を設定します。肌トラブルを避けつつ効果を最大限に発揮できるので、処理回数を減らして期間も短くできるわけです。

永久脱毛ができる唯一の方法

ヒゲ脱毛を医療機関で受ける目的は、自己処理から解放されるためでしょう。自己処理は肌にとって大きなダメージとなり、シェービングは乾燥肌の原因となります。

 

乾燥した肌は些細な刺激にも負けてしまうので、肌を元気にするためにも永久脱毛をするのが好ましいわけです。

 

現在、永久脱毛を可能としてくれる方法は医療機関のレーザー脱毛しかありません。それ以外の方法はツルツルにできず、処理後も時間を経て生えてくるのです。

 

完全に処理するためには、医療機関のヒゲ脱毛がおすすめです。処理回数は6〜12回程度になるのが普通で、現在の肌状態・ヒゲの量などが関係してきます。

 

実際の脱毛効果は個人差がある部分であり、想像以上に高い効果を期待できる人もいれば、その逆の人もいます。ただ全般的に見るとヒゲが濃いほど、1回の効果は高くなると考えていいでしょう。脱毛マシンは黒い色素に反応するのが特徴であり、剛毛であるほど脱毛効果は高くなります。

短期間で処理を終えるコツとは

ヒゲ脱毛は肌質によって出力を変えていき、高出力になるほど脱毛効果は高くなります。つまり普段から肌の手入れをしっかりと行っておけば、肌が安定するので脱毛出力を上げやすいのです。

 

高出力にするほど処理回数は減るので、期間も短くすることが可能になります。低出力にするほど肌荒れのリスクは減りますが、脱毛効果も同時に弱くなってしまいます。

 

そのため肌荒れが起こらない範囲で、高出力に引き上げるのが好ましいわけです。

 

医療機関でヒゲ脱毛を受ける方は、実績・技術を確認しておく必要があるでしょう。ヒゲ脱毛は皮膚科が管轄していますが、クリニックによって実績・技術は異なってきます。高い効果を期待するためには、脱毛専門クリニック、または美容皮膚科で処理を受けるのがよいでしょう。

 

最先端のマシンは低刺激かつ減毛効果が高く、1回あたりの実感度が高いのです。さらに痛みが弱いので、敏感肌の方も安心して処理を受けられます。