ヒゲ脱毛期間中の正しい自己処理方法

MENU

髭脱毛期間中の自己処理はとても大切

ヒゲ脱毛期間中の正しい自己処理方法!

 

繰り返し行う必要があるヒゲの除毛が面倒になったという方に向けて、医療クリニックで受けることが出来る医療脱毛を利用することできちんとヒゲ脱毛を行うと、医療レーザーを利用して施術を行うので毛質が太くしっかりしているヒゲ脱毛にも高い効果が得られますし、医療レーザーがヒゲの毛乳頭を破壊してしまうことで再生を防ぐことが出来るので、最終的には永久脱毛の状態に整えることが可能です。

 

 

ただヒゲ脱毛は繰り返し施術を行っていくことでヒゲが生えにくくしていくことができるので、決められた期間中はきちんと医療クリニックに通って施術を受けることが必要となります。

 

ただ施術を受けている間もヒゲは伸びてきてしまうので、自身で自己処理を行うことが欠かせません。この時注意をしなくては行けないのは、ヒゲ脱毛を受けている期間中は自身でヒゲを抜く行為はせずに電気シェーバーやカミソリを利用して除毛を行うことがきちんと脱毛効果を得るためにも重要になります。

毛抜きを利用した自己処理は危険

医療レーザー脱毛は、専用の脱毛マシンの照射する光は黒いメラニン色素にのみ反応する特徴があるので、自宅で行うヒゲの処理を行う際に毛抜きで毛を抜いてしまうと実際に施術を受けた際にメラニン色素に反応することが出来なくなってしまうので、正しい脱毛効果が発揮されません。

 

 

また、一度自分で抜いてしまうと毛周期が崩れてしまうので、脱毛の周期と合わなくなってしまうケースもあるので自宅での処理で毛を抜く行為は絶対に行ってはいけないのです。

 

また毛抜きを利用して毛を抜いていると、引っ張る際に肌を傷めてしまう原因となりますし、きちんと根本から抜けないことで埋没毛による炎症など肌トラブルの原因となる危険がありますし、カミソリを利用するのも刃が肌を傷めてしまうので、極力肌への負担を減らすためにも電気シェーバーを利用して除毛を行うように気をつけるようにすると、安全にヒゲ脱毛の施術を受けることが出来て安心です。

アフターケアで肌のコンディションを整える

医療クリニックでヒゲ脱毛を受ける場合、大半は施術後に肌を整える役割として保湿ローションを利用したアフターケアを行います。これは施術を受けて肌の表面が敏感な状態になっているためで、きちんとアフターケアをしないと肌が乾燥したり肌コンディションが悪化してしまう危険があるため、肌の状態を整えるためにも脱毛後は必ずケアを行う必要があります。

 

医療脱毛も高い頻度でケアを受けるわけではないので、施術を受けられない間は自宅できちんとスキンケアを行うことも重要です。

 

男性用のスキンケア化粧品も種類が増えてきていますし、最近では低刺激タイプのスキンローションやミルク、クリームが登場しているので肌の弱い方でも安心してスキンケアを行うことが出来るので、肌が乾燥するのを防ぎシェービングを行っても肌荒れを起こしにくくなるメリットがありますし、何より肌のコンディションを整えることが出来るので次回の脱毛も安全に済ませることが出来ます。